3つの首でカンタン温活!「衣食住のちょいテク温活」第1弾・衣服

寒い時期というのは体が冷え、血行不良が起こりやすくなるため色々なものと闘わなくてはなりません。

体温の低下によって免疫力が下がり、ウィルスや細菌と闘ったり。

血行不良によって冷え性へ繋がり、体のコリやむくみ、女性だったら生理不順と闘ったり。

こういった「冷え」や「血行不良」の起こりやすい時期こそ、しっかりと“温活”をすることが美と健康の基本です!

なので今回は衣食住の中でできるカンタンな『ちょいテク温活』の衣服温活についてご紹介します。

冷えは『3つの首』から起こる!?

衣服の温活と聞くと、たくさん着込むことを想像する方が多いかもしれません。

しかし『3つの首』を冷やさない服装をしていないと、いくら着込んでも冷えを効率よく対策できません。

この『3つの首』とは、首・手首・足首のことです。

マフラーを首に巻いただけで暖かさが違ったり、逆に足首が出ていて何枚着込んでも寒かったりしたことはありませんか?

この『3つの首』は、襟・袖・裾という衣服の隙間部分に位置しているため、真っ先に冷気に晒されやすい場所なのです。そのため、しっかりと防寒すると効果は絶大!

■首の温活

やはり一番カンタンな首の温活は、マフラーやネックウォーマーの着用です。

今は率先的に着用したくなるセンスの良いマフラーやネックウォーマーが豊富ですので、冬服やコートと一緒に選んで買っておきましょう。

また、室内でもマフラーやネックウォーマーを積極的に着用し、首の温活をすると効果てきめんですよ。

■手首の温活

意外と見落としがちなのが手首の温活です。

手首には血管が集中している一方、皮膚が薄く、他の部位と違って外気に晒されやすいので実はかなり冷えの被害を受けている部分でもあります。

なので手首の温活として、外出する際はできるだけ手袋を着用したり、室内でもリストウォーマーを着用したりして、手首を温めることを意識しましょう。

とくにリストウォーマーは作業しやすいように指の部分が出ており、手首を包むサポータータイプが多いため、長時間のパソコン作業や家事などで酷使する手首を温活しながらサポートしてくれるという嬉しい効果付きですよ。

■足首の温活

“温活”や“冷え性”と聞けば、足を連想する方も少なくないと思います。

足先は、血液を体中に送るポンプ・心臓からかなり離れた位置にあるため血液がなかなか届きにくかったり、そもそも脂肪のつきにくい部分なので冷えやすかったりと、冷えるべくして冷えてしまう部位でもあるのです。

だからこそ寒い時期はとくに意識して足首の温活をするべきです。

靴下・レッグウォーマー・タイツの積極的な着用はもちろん、足湯や半身浴をしたり、ちょっとした隙間時間に足首を回したり。

たったこれだけを意識して実行するだけで、しっかりと足首の温活はできますよ。

 

首・手首・足首はとにかく冷えやすく、これらの冷えを放置したままではいつまでたっても冷え性の解消や正しい温活には繋がりません。

今回ご紹介した方法を、できるところからどんどん日常に取り入れていってくださいね。

次回は衣食住の中でできるカンタンな『ちょいテク温活』の食事温活についてご紹介します!

朝バナナは温活の敵?「衣食住のちょいテク温活」第2弾・食事

温活には扇風機が必須!?「衣食住のちょいテク温活」第3弾・住居