実はコリの季節!寒い時期になぜ体がコリやすくなるのか

「冬になると肩や腰がこってツライ」「寒い時期には肩コリがひどくなる」というお悩みを持つ人は多いものです。

しかし、なぜ寒い時期には肩や腰のコリがひどくなってしまうのでしょうか?

コリと季節の意外な関係について紹介します。

冬に体がコリやすい理由とは?

寒い時期には自然と体が縮こまってしまうもの。

外を歩いていると、寒くてついつい体中に力が入ってしまうことがありますよね。これが季節性の肩コリの原因になっている可能性は高いです。

寒い屋外を歩いているときだけでなく、寝ている間も寒さで体が自然と縮こまり、起きた瞬間から肩コリがひどい、という場合もあります。

また、肩をすくめて歩いたりポケットに手を入れて歩いたりすると、自然と姿勢が悪くなって体のバランスが崩れてしまいます。

冬の肩コリには、この季節特有の理由があったのです。

こんな意外な原因も!

また、冬というのはついついゴロゴロしてしまいがち。

寒さで外出や運動が億劫になってしまい、運動不足に陥ってしまうことも肩コリの原因です。

さらに、ウールのコートやざっくりマフラーなど、冬でしか着用しないような重い衣類が肩に負担を与えていると考えられます。

こういった要因によって、肩周辺の筋肉には他の季節には掛からないような負荷がかかってしまうのです。

寒い時期には体にダメージが起きやすい!

気温の低下で血流が悪くなったり老廃物が溜まりやすくなったりすることも、冬の肩コリの大きな原因です。

寒い時には筋肉が緊張して硬直してしまい、疲労物質が出やすくなってしまいます。

寒さで筋肉が硬直すると、末梢神経は圧迫されて傷ついたり痛みを発したりしてしまうのです。

つまり、寒い場所にいるだけで体は疲れたりダメージを受けてしまうということ。

そして、筋肉の硬直によって神経が圧迫されたり、血行が滞ったりして、体のコリが起こりやすくなるのです。

この季節特有のコリを防ぐには?

季節性のコリを防止するためには、筋肉を硬直させないことが大切です。

オフィスや家では暖房を上手に活用して、あまり体を冷やさないようにしましょう。

じっくりとお風呂に入って内側から体の冷えを取るのも効果的ですね。

また、運動不足を避けるためにできるだけ積極的に外出をしたり、簡単な体操やストレッチを取り入れたりするのも効果的です。

また、ダウンジャケットやフリースなど軽い素材の衣服や、機能性インナーなどの活用も、意外と肩コリ防止に役立ちます。

寒さから体を守る対策をして、体がコリやすい季節を上手に乗り切りましょう。