ダイエットの天敵!?夏に起こりやすい「むくみ&コリが溜まる原因」

どんどん夏が近付いてきていますが、みなさん体調は崩されていませんかー?

そろそろ腕や足などの露出が増えてくるので、本格的な夏が増える前に体のあちこちは少しでも引き締めておきたいですよね。

しかし! 実は「だらしない体型」に見えやすい“むくみ&コリの溜まった体型”になりやすいのが、まさに夏(この時期)なんです。

この原因がわかっていないと、せっかくのダイエットも無駄になってしまうかもしれません!

夏だからこそ“むくみ&コリ”が溜まりやすい原因

“むくみとコリ”というのは、溜まりやすい原因も症状もほぐし方も、何かと共通点があったりします。

なので逆に考えると、“むくみとコリ”の原因をしっかり把握しておけば、体をスッキリさせ、痩せやすい体にも繋げていくことができるわけです。

では、夏だからこそやってしまいがちな“むくみとコリを溜めてしまう原因”とは何でしょうか?

1:冷たいものをとりすぎてしまう

夏は当然暑いわけで、そうなると私たちは体温を下げるために「冷たいもの」を積極的に摂取しようとしますよね。

例えば冷たいジュースやお酒を飲んだり、アイスクリームやかき氷を食べたり……と、夏ならではの冷たいものを摂取しがち。

しかしこの行為が、知らず知らずの内に“むくみとコリ”を溜めやすくしてしまっているのです。

実は“むくみとコリ”に大きく関わってくるのが血行!

そしてこの血行は、体を冷やすという行為だけでなく、摂取した糖分の量によって働きを悪くしてしまうことも……。

水分補給や体温調整のために冷たいものを摂取するのは大切ですが、とりすぎていないかもちゃんと意識しておきましょう。

2:体を冷やしすぎてしまう

1の項目でも記述しましたが、体を冷やすという行為もまた、血行不良に繋がってしまいます。

暑いからといってエアコンをガンガンにかけて、薄着でそのまま眠る……なんてことをしていませんか?

そういうことをした次の日って、何かと体がむくんでいたり、コリがとれないから体が重かったりしやすいものです。

また、最近では電車やバス、お店や会社でもエアコンがガンガンにかかっているパターンもあるので、暑い日であっても薄着で油断せず、薄い長袖やインナーなどを備えておきましょう。

3:運動量を減らしてしまう

夏の暑い日は、スポーツや体を動かすのが好きな人以外、他の時期に比べて何かと運動量が落ちやすくなると思います。家や室内でゆっくり涼んでいたいですよね。

それに暑いと汗をかくため、いつもより運動したような気にもなってしまいがち。

でも、そういった運動不足が、“むくみやすくてコリの溜まる体”を作り上げてしまうのです。

また、体を冷やすために水分や冷たいものを多くとりやすいこの時期に運動不足が続くと、運動によって排出する汗の量も減るため、老廃物もどんどん溜まってしまいます。

軽いストレッチなら室内でも可能なので、夏だからこそ「体を動かそう」という意識を忘れないようにしましょう!

このように、夏って思っている以上に“むくみとコリ”が溜まりやすい時期なのです。

なのでダイエットをただ始めるのではなく、今回の記事を参考にして、できるだけ痩せやすい体を作ってからダイエットに励んでみてくださいね!