夏から秋、冬にかけては風邪やインフルエンザなどが流行しやすく、体調を崩す機会も多くなります。

季節の変化によって体を壊しやすくなってしまうのは、ある意味仕方ないことですね。

しかし、冬から春にかけて肩コリに悩まされる人が多いことをご存じでしょうか?

季節の変化によって肩コリが引き起こされてしまう理由と、その対処法についてご説明します。

季節変化の肩コリ その原因は自律神経にあり

肩コリの原因はさまざまなものがありますが、季節変化による肩コリの原因は自律神経にあります。

自律神経とは、体内リズムを調えるなどの重要な役割を担う神経系で、交感神経と副交換神経の2つによって成り立っています。

通常、目が覚めて活動的になっているときは交感神経が優位に働き、就寝時やリラックスしているときは副交換神経が優位に働くようになっています。

冬から春にかけてなど、季節の変わり目には急激に気温が変化することも多く、それに反応して交感神経が優位に働く時間が長くなります。

また、ストレスなどを強く感じて緊張状態になると交感神経が優位になります。

交感神経が優位になり緊張状態が強くなると、自然と筋肉が硬くなってしまいます。

例えば、大勢の人の前でプレゼンなどをするときを想像してみてください。

身体が硬くなりませんか?

実は気温の変化によってこれと同様のことが起こることにより、肩コリの原因となっているのです。

リラックスと適度なストレッチで緊張を緩和させよう

体が無意識のうちに緊張している状態を解消させるには、リラックスすることが重要になります。

身体が硬くなっているときは、精神的にリラックスしているつもりでも身体が緊張しているというアンバランスな状態になっていることも多くあります。

そこで、お勧めしたいのが、簡単なストレッチなどで身体を解してあげることです。

腕を大きくゆっくりと回すだけでも肩周りの筋肉は解れていきます。

さらに効果的なストレッチの方法としては、両肩に指先を付けて、大きくゆっくり回していく方法です。

このとき、肩甲骨から回すようなイメージで行うと非常に効果的です。

冬から春にかけての肩コリ予防ポイント

冬から春にかけて、肩コリを予防するために注意してほしいことがいくつかあります。

まずは服装です。

ファッション誌などでは先取り情報として、冬の間に春のファッションを紹介していることもあります。

おしゃれを先取りするのは非常に魅力的ですが、まだまだ寒い気候の中あまり薄着をしてしまうと、身体が冷えて固まりやすくなり、肩コリの原因になってしまいます。

さらに、血行不順にもなりやすくなるので無茶なおしゃれは絶対に避けましょう。

また、環境の変化による精神面への影響にも注意してください。

春に向けて、新生活を迎える人も多くいるでしょう。

とくに地元を離れて暮らすことになると、急激な環境の変化により交感神経が優位になる時間が増えてしまいます。

紹介したストレッチなどを参考に、自分なりのリラックス方法を見つけるようにしましょう。