太ったではなく…むくんでます!恐怖の「お正月太り」正しい解消方法

年末年始も過ぎ、やっと仕事・通常モードへ切り替えられた頃ではないでしょうか?

長期休暇や帰省・旅行などの機会が多くなる年末年始後って、切り替えが難しいですよね。

でも、気持ちは切り替えられたのに体の方は……どうでしょうか!?

クリスマスまではまだ平気だったお腹や腰回り、顔の辺りが、年末年始後になったら一回り・二回りふくよかになっていませんか!?

そんな恐怖の“お正月太り”をしっかり解消すべき正しい方法を、過去にご紹介したほぐしの数々から適切なものをピックアップいたしました!

年末年始は太る……わけではない?

すでに“お正月太り”という言葉があるように、年末年始が明けると多くの人が自身の体重の増加やパンパンの顔を見て「太った」ことを自覚します。

しかしこの“お正月太り”ですが、どちらかというと「太った」というより「むくんだ」という状態の方が正しい場合が多いのです。

そもそも年末年始というのは、

1.高カロリーで塩分高めの食事を不規則に摂取しやすい

2.長期休暇ということもあり運動量が減りやすい

3.冬の寒さによって筋肉が硬直しやすく、その所為で血液の循環が悪くなりコリが溜まりやすい

こういった「むくみの原因」を起こしやすい環境が整っています。

なので単純に体重が増加して「太った」というよりは、上記が原因でリンパが詰まりやすくなり、老廃物やコリが体に溜まる=普段以上に「むくんでしまう」わけなんです。

さらに年末年始にこれ幸いと飲酒も加えて行っていたら、体中がパンパンにむくんでしまうのも当然と言わざるを得ませんよね。

【詳細はこちら】

お正月太りが解決!「階段をキレイに使うだけ」簡単むくみ解消術
あけましておめでとうございます。 皆様は年末年始、ゆっくり過ごせましたでしょうか? もしかしてあまりにもゆっくり過ごしすぎて、「あきらかに太ってる……」「顔がパンパンだ」などとすでに焦り始...

パンパンになったおブス顔はコリとむくみが原因

ふと鏡や窓に映った自分の顔を見て「えっ!? 私こんなに酷い顔してたの!?」と驚いたことはありませんか?

顔を洗う時やメイクをする時は「今から鏡を見るぞ」と意識しているので気付きにくいのですが、その気の抜いた時の顔こそ、普段あなたが周りに見せている顔なんですよ!

そしてその酷い顔の原因には、“顔のコリ”が大きく関わっています。

お正月に溜め込んだ“顔のコリ”のほぐし方を、さっそくご紹介していきましょう。

顔をほぐすのに必要な正しい力加減って?

“お正月太り”でむくんでたるんでコリの溜まったおブス顔は、指を使ってしっかりケアすべし!

さっそく指の腹を使って、顔のたるみをリフトアップするように下から上へ持ち上げましょう。

リフトアップというとつい頬ばかりやりがちですが、口元や目元、そしておでこもお忘れなく。

また、足や肩のコリをほぐす時のような力強さはNG!

たるみを解消しようとグイグイ“顔のコリ”をほぐそうとすると、肌を傷つけてしまいます。

“顔のコリ”をほぐす時は、ちょっと弱いかな、というぐらいがベストな力加減だと覚えておきましょう。

【詳細はこちら】

おブスは表情から!美人顔に近づくための「顔のコリ」のほぐし方
ふと鏡や窓に映った自分の顔を見て「えっ!? 私こんなに酷い顔してたの!?」と驚いたことはありませんか? 顔を洗う時やメイクをする時は「今から鏡を見るぞ」と意識しているので気付きにくいのですが、そ...

ぱっつんぱっつんの肩周りや肩幅をケア

冬はただでさえ厚着になって着ぶくれしやすいのに、“お正月太り”も加わって肩周り・肩幅が大変なことに……!

そんなお嘆きの皆様に、肩周りをほぐして肩幅をスッキリさせる方法をご紹介しましょう。

ポイントは、肩周りのリンパ管をほぐすこと!

さっそく試してみてくださいね。

場所を選ばずできるスッキリ肩周りの作り方

(1)立ち上がって、両手を後ろに回す

(2)足を少しずつ曲げてスクワットのような状態にしながら、手を前に振り出す

(3)手を真っ直ぐ前に出して伸びきる

(4)1~3を、身体が温かくなってくるまで繰り返す

肩と肘を意識して行うとより効果的です。

リンパ管が活性化すると身体が温まり発汗してくるため、お風呂前に行うと効率良いでしょう。

さらに猫背も、リンパ管の働きを悪くし肩周りの脂肪を蓄積する原因になってしまうもの。

姿勢はなるべく正しく保つよう心がけ、肩周りの重さなどを感じた場合には後頭部を少し後ろに引いて立つようにしましょう。

後頭部を後ろに引いて持ち上げると、肩や首回りの老廃物が流れやすくなりリンパ管の働きも良くなりますよ。

【詳細はこちら】

秋服を華奢に着こなす!「肩周りダイエット」の方法とは?
肌の露出が少なくなる秋〜冬ですが、厚い服が多くなると肩幅や腕の脂肪が目立ち、かえって着太りして見えてしまうということも……。 しかし、「肩幅を狭くするなんて無理!」と考え諦めてしまうのはまだ早い...

“お正月太り”の影響が出やすいお尻太り

ゴロゴロしていた年末年始……実はその所為で普段よりも歩く機会が減り、お尻にコリがどんどん溜まっているんですよ。

そう……お尻も肩や腰と同じでコリが溜まるんです。

当然コリの溜まったお尻は硬くてカタチが悪くなるし、老廃物が排出されないため、むくんでたるんで最悪のデカ尻になってしまいます。

上半身や脚はそうでもないのにお尻だけデカくてアンバランスな人っていますよね?

その多くはお尻のコリ(老廃物)を放置してしまっているから!

とくに年末年始のような、いっぱい食べてたくさんゴロゴロできる(運動しなくなる)時期なんて、デカ尻のベストシーズンのようなもの!

これ以上たるみが酷くなる前に、しっかりデカ尻をいつもの大きさに……いえ、美尻にまでスッキリさせましょう!

気持ち良くほぐして美尻をゲット!

「“お尻”のほぐし方って難しそう……」というイメージがあるかもしれませんが、実はかなり楽な体制でできるのでぜひ試してみてください!

(1)まず仰向けに寝そべってください

(2)そうしたら両膝を立て、こぶしを作った両手をお尻の下に入れましょう

(3)そのままボールをコロコロするように、お尻を動かしてください

この方法だと手が疲れにくいですし、お尻を動かしていることでコリの解消だけでなく引き締め効果も期待できますよ!

【詳細はこちら】

デカ尻とはおさらば!実は溜め込んでいる「お尻のコリ」解消法
ボンッ・キュッ・ボンッという体型は、今でも魅力的かつ理想的な体型として、多くの女性の目標になっています。 そんな体型の中に含まれる“お尻”ですが、ただデカければ良いわけではないですよね? ...

“お正月太り”は、夏の長期休暇とは違った太り方……もといむくみ方をします。

なので闇雲にダイエット本やDVDを買い漁るのではなく、今回ご紹介したような正しい解消法を行うことです。

ぜひ今年の“お正月太り”はこれらの方法でしっかり解消し、心身ともにスッキリした一年を過ごしていきましょうね!