女性は身体が冷えやすい!冬場に試したい冷え対策3ポイント

日本人女性の2人に1人が悩まされている「冷え性」。

身体のトラブルを知らせるサインでもある冷えは、悪化すると生活に支障をきたすこともあります。

放っておけば、血行不良や代謝・免疫力の低下などを招き、さまざまな病気を引き起こしてしまうことに。

今回は、女性が冷え性になりやすい理由と、効果的な対策方法についてご紹介します。

女性が冷え性になりやすのはなぜ?

冷えは男女関係なく起こる症状ですが、冷え性に悩む方の割合は圧倒的に女性の方が多いのが現実です。

一体なぜ女性は冷えに悩まされやすいのでしょうか? 主な原因は、以下の3つだと言われています。

筋肉が少なく脂肪が多い

人間の身体は、筋肉を動かすことで熱をつくり、温められた血液を全身に巡らせることで身体温の低下を防いでいます。

そのため、男性にくらべて筋肉量の少ない女性は冷え症になりやすいのです。

また、女性の身体は妊娠・出産のため脂肪で保護されており、脂肪は一度冷えると温まりにくいという性質を持っているため、冷えに拍車をかけてしまいます。

月経に伴う血行の悪化

月経中は、血液の量が一時的に少なくなってしまいます。

血液が減ると消化機能が低下してしまうため、身体を温めるためのエネルギーが不足することに。

また、卵巣や子宮などの女性特有の臓器は血行が悪化しやすいため、全身を巡る血液を滞らせ、冷えを招いてしまうのです。

ホルモンバランスの変化

女性に起こる月経や妊娠、出産といった身体の変化は、女性ホルモンのバランスにも影響を与えます。

ホルモンバランスの変化は、体温調整の役割を果たす自律神経を乱す原因のひとつ。

ホルモンバランスの変化する機会の多い女性は、自律神経が乱れがちなため冷えに悩まされやすいのです。

女性が行いたい基本の冷え性対策3つ

1.  入浴は39℃前後のお湯で!

冷えた身体は、お風呂で温めるのが一番です。

しかし、あまりにも熱いお湯に浸かってしまうと、逆に冷え性を悪化させてしまいます。

体温が急激に変化することで自律神経が乱れ、血管が収縮して血の巡りが悪くなってしまうのです。

身体を温めるためには、かけ湯をして身体を慣らしてから、39度前後のお湯に首まで浸かるのが効果的。

少しの間首まで浸かったら、その倍の時間半身浴をしてから上がるのがポイントです。

2. 腰・首回りは絶対に冷やさない

「ミニスカートやショートパンツなどを履く際は、冬場でも生足!」という女性は少なくありません。

しかし、女性が冷え性を予防する上で、下半身を冷やすことは一番のタブー。

冬場はとにかくあたたかい服装を心がけるようにしましょう。

仙骨(背骨の一番下)を冷やさないようにカイロを貼っておくのがオススメです。

また、首回りを冷やすと身体全体の血流が悪くなってしまうため、Vネックなどの大きく襟の空いた服も避けた方が良いでしょう。

ショールやマフラーを巻いて首を温めると、身体全体の血流を促すことに繋がります。

3.朝ごはんをしっかり食べる

食欲がないため、朝は食事をとらないという方は多いもの。

しかし、朝は1日で最も体温が低い時間です。朝ごはんをしっかりと食べて、身体を温めるためのエネルギーを補給してあげなければなりません。

朝食をとって体内時計を整えることは、自律神経の正常な働きを促すことにも繋がります。

女性が冷え性になりやすい理由と、予防のために行ないたい対策方法をご紹介いたしました。

「冷えは万病のもと」と言われるように、冷えを予防して身体を温めることは、健康な身体作りの基本です。

しっかりと対策を行って、寒い冬を乗り切っていきましょう。