チョコはダイエットの味方!?「むくみ」を解消するチョコの正しい食べ方

バレンタインに限らず、「チョコが大好き!」で毎日のおやつとしてチョコを常備している方……男女問わず多いのではないでしょうか?

でもチョコっていうと、太るだとかニキビの元だとか色々言われていて、中にはダイエットのために泣く泣くチョコを我慢している人も……。

でも、実はそれって大きな間違い!

というか“チョコの正しい食べ方”を知っていれば、むしろチョコレートってダイエットや美容効果のある食べ物なんですよ!

ダイエットの敵「むくみ」を解消してくれる!?

チョコレートの主な原料といえば、言わずもがもな「カカオ」ですよね。

この「カカオ」というのは、一説では紀元前2000年頃に古代メキシコで「神の食べ物」と呼ばれるほど、非常に高価で貴重な食べ物だったそうです。

では何故「カカオ」がそんなに効果な食べ物だったのか。

それは「カカオ」に含まれるカカオポリフェノールによって、アンチエイジングや疲労回復といった健康効果、シミ・しわ・たるみの改善といった美容効果が得られていたからなんですね。

しかもポリフェノールというのは血行促進にも大きく影響するため、ダイエットに欠かせない“むくみの解消”も行ってくれる優れものなんです。

そもそも「むくみ」ってどんな状態?

よく「疲れてパンパンにむくんだ脚」だとか「むくんで酷い顔」なんて言いますが、そもそも「むくみ」ってどんな状態でしょうか?

おおまかに説明すると、血行不良によって体内の血流循環がスムーズに行われず、それにより老廃物の排出や水分の循環が上手く機能せずに溜まってしまっている状態です。

長時間の立ち仕事やデスクワークをしている人は下半身がむくみやすいと言われるのは、同じ姿勢を続けると運動不足になり、結果的に血行不良(=むくみ)へ繋がるからなんですね。

だからどんなに痩せている人でも、「むくみ」を放置してしまうと理想の体型から遠のいてしまうわけです。

でもそれって逆に言えば、「むくみ」を解消するだけで、今よりスッキリした体型に近付けるってことですよね……?

だからこそ「むくみ」の解消に繋がる血行促進の効果を持つチョコレートが、ダイエットに一役買ってくれるわけです!

「むくみ」を解消する正しいチョコの食べ方

とはいえ、ただむやみやたらにチョコレートを食べれば良いというわけではありません。

当然食べ過ぎはみなさんが危惧しているニキビや肥満などに繋がります。

そうならないためにも、しっかりと“「むくみ」を解消する正しいチョコの食べ方”をマスターしておきましょう!

できるだけカカオ含有量の多いチョコを選ぶ

チョコによってニキビができたり太ったりすると言われてきたのは、そもそも「苦味の強いカカオを多くの人が食べやすくなるように」と大量の植物油脂や砂糖を使ったチョコレートが多く市販されるようになったことが原因です。

確かに甘いチョコは食べやすいし美味しく感じますが、その分、植物油脂が多めで高カロリー=ニキビや太りやすいチョコであることを忘れてはいけません。

つまり、本来チョコが持っているダイエット・美容・健康効果を正しく得るためには、カカオ分が多いチョコを選ぶ必要があります。

しかもイタリアでは、こんな実験が行われました。

イタリアのローマ大学サピンツァ校で行われた「足の血管が詰まってしまう末梢動脈疾患の患者にチョコレートを食べさせると脚力が改善するのか」という実験の結果、カカオ85%以上のダークチョコレート40gを食べた患者は歩行距離が11%増、歩行時間が15%増、そして体内の活性酸素輸送タンパクも37%増え、さらに体をサビさせてしまう活性酸素の量が減少したことも分かりました。

つまり、ダークチョコレートを食べることで足の血行が回復し、歩行能力が上がったということです。しかし、カカオ35%以下のミルクチョコレートで同じ実験を行ったところ、血流改善や歩行能力向上は見られなかったといいます。

つまり同じチョコレートでも、カカオ含有量によってこんなにも大差がついたというわけです。

カカオ含有量が多いとアンチエイジング効果やシミ・しわ・たるみの改善だけでなく、満腹感も得やすいため、「むくみ解消」以上の効果を得られるのもポイントです。

牛乳と一緒に食べれば、苦味もまろやかになって新たな美味しさを得られますよ!

食べる量の目安は1日50gぐらい

当たり前ですが、カカオ含有量の多いチョコレートならいくら食べても良い……というわけではありません。

なので目安としては、1日だいたい50gぐらいまでの摂取にとどめておきましょう。

また、1回で一気に50g食べるのではなく、食事の30分前や小腹が空いたタイミングなどといった複数回に分けて食べましょう。

空腹感を抑えるダイエット効果はもちろん、カカオポリフェノールにはリラックス効果や集中力を高める効果もありますので、とくに仕事の合間に摂取すると何倍も効率良くカカオの効果を得ることができますよね。

まさに「神の食べ物」と呼ばれるにふさわしいチョコレートは、その血行促進効果によってダイエットの天敵「むくみ」の解消に大きく役立ってくれるでしょう。

これからのバレンタインは、海外のカカオ含有量の多い本格チョコを自分のために買ってあげる……大いにアリだと思います!