むくみ・頭痛・髪の傷み!ストレスの表れ「頭のコリ」チェックと改善

「最近、顔のむくみがとれない」

「頭痛やめまいが多い」

「髪が傷んでいる気がする」

こういった症状に悩まされている方は、もしかしたら“頭のコリ”が原因かもしれません。

実は頭や頭皮というのは、肩や腰と同じぐらいコリが溜まりやすく、とくに日常生活で溜まったストレスや疲労がハッキリと表れやすい場所でもあります。

なので今回は、“頭のコリ”のチェックと改善方法をご紹介していきましょう。

ストレスや疲労は頭に表れる!?

コリというのは基本的に血行不良や無理な姿勢から起こりやすいものですが、実はストレスや疲労からもコリは発生しやすく、とくに“頭のコリ”は、ストレスや疲労が溜まりすぎているという危険信号(シグナル)のようなもの。

また、“頭のコリ”によって頭皮がかたくなってしまうため、コリによる頭痛やむくみといった症状だけでなく、毛髪にも悪影響を及ぼしてしまいます。

つまり切れやすかったりパサパサだったりする髪もまた、“頭のコリ”による可能性が高いわけです。

さっそく“頭のコリ”をチェックしてみよう

まずは“頭のコリ”が溜まっていないか、頭皮の状態からチェックしてみましょう。

(1)頭皮をつまんでみる

頭の天辺(頭頂部)あたりの頭皮を、親指と人差し指で摘んでみてください。

強い傷みを感じたり、少しも頭皮が動かなかったりするようなら、頭皮がかたい=“頭のコリ”が溜まっています。

(2)髪の生え際を押してみる

おでこ辺りの髪の生え際を、指の腹で指圧してみてください。

約5秒ほど押してから離し、数分後に押した場所をチェック。

その時に指の跡が残っているようなら、血行不良によるむくみやコリが発生しています。

これらのチェックに引っかからなくても、顔のむくみ・顔のたるみ、頭痛や慢性的な肩コリに悩まされている方は“頭のコリ”がそれらの原因である場合があります。

なので誰でもできる“頭のコリ”の改善方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

今すぐできる簡単・頭皮マッサージ

“頭のコリ”によってかたくなった頭皮を揉みほぐして上げることで、“頭のコリ”の改善はもちろん、頭皮の副交感神経を刺激することができるのでリラックス効果や全身の血流改善を得ることもできます。

さっそく自分の頭皮をマッサージしてみましょう。

やり方はとても簡単です。

まずは頭皮を両手の指の腹で掴み、ゆっくり前後左右に動かしてください。

指を滑らせてしまうと頭皮を傷つけるかもしれませんので、しっかり指を固定してくださいね。

この動作を、後頭部・生え際・頭頂部に行ってあげましょう。

とくに回数の決まりなどは無く、仕事や家事の合間、入浴中などに意識して行うだけでバッチリ効果を得ることができますよ。

また、“頭のコリ”改善法のちょっとした裏技は、ヘアブラシです。

ヘアブラシで頭皮を優しく刺激してあげるだけでも、“頭のコリ”の改善に繋がります。

ポイントはあまり強く刺激しないことと、可能ならクッション性のある木製のヘアブラシを使うことです。

これなら誰でもお手軽にできますよね。