肩や首のつらい「コリ」にお悩みの方は多いですね。

コリは人によって症状の出やすい部分が部分が異なりますが、特に「首のコリ」がひどいという方、もしかしたらその首コリの原因は「ストレートネック」かもしれません。

現代人に増えているストレートネックとは一体どのような状態なのでしょうか。その原因や首コリとの関係、改善法などについてご紹介します。

首コリの原因!? ストレートネックとは

私たちの首の骨(頸椎)は七つの骨で構成されていて、通常は30度~40度ほどのゆるやかなカーブを描いています。このカーブによって、頭の重さを自然に分散させて支えることができるのです。

ストレートネックは、このカーブが少なくなり、頸椎がほぼ直線に近くなっている状態のことを言います。

首本来のカーブが失われると、重い頭を支えるために首や背中の筋肉に負担が掛かってしまいます。その結果、首コリや肩や背中のコリなどの原因となってしまうのです。

ストレートネックの原因は?

では、どうして首本来のカーブが失われてストレートネックになってしまうのでしょうか?

その最も大きな原因と考えられているのは、日常的に習慣になっている姿勢の問題です。

特にPCやスマホを長時間使用する人は、猫背やうつむいた姿勢を続けることが多くなり、バランスを取るために首のカーブが失われやすいようです。

現代人にストレートネックになる人が多いのは、スマホの普及が影響していると言われています。

意外に思われるかもしれませんが、猫背と縁遠いイメージのクラシックバレエやフィギュアスケートなどを長年やっている人にもストレートネックが多く見られます。

これは、体を引き上げるよう指導を受けることの影響で首本来のカーブが真っ直ぐになってしまうためだと考えられています。

ストレートネックを予防・改善するには

PCやスマホを長時間使う方で、慢性的な首コリにお悩みの場合、ストレートネックになっている可能性が考えられます。

気になるという方は整形外科などで診察してもらうと良いでしょう。

ストレートネックの予防、改善には、普段から猫背にならないよう意識して姿勢を正すのが大切です。

合わせて、首のカーブを保つためのストレッチを行うようにしましょう。

【ストレートネックに効くストレッチ】

1.まっすぐに立って、背中の後ろで軽く両手を組みます。

2.肩甲骨の間に力を入れるようにしながら、ゆっくりと胸を反らしていきます(無理のない範囲で)。

3.ゆっくりと元の姿勢に戻します。

1~3を5回程度繰り返します。

仕事で長時間のPC作業を行う時や、スマホを長時間操作する時は、小まめに休憩を挟んでストレッチを行う習慣をつけることをおすすめします。