コリもストレスも髪の毛も!現代人のための「頭皮のセルフマッサージ」

な~んか最近首や肩周りが重かったり、頭がスッキリしなかったり……こんな状態が続いているようなら、それは【頭のコリ】が溜まっているからかもしれません!

頭というと固いイメージがありますが、実際に固いのは頭蓋骨で、その周りについた“頭皮”はふかふかで柔らかいものです。

筆者がお世話になっている美容師さんやマッサージ師さんいわく、「ふかふかにほぐれた頭皮のお客さんは滅多に会わなくなった」そうです。

そんな頭がコリ固まってしまった現代人のために、頭や肩がスッキリする“頭皮セルフマッサージ”をご紹介しましょう!

頭皮のセルフマッサージ効果とは

1:髪の毛の成長やツヤのアップ効果

“頭皮のセルフマッサージ”をおこなうと頭皮の血行を促進するため、酸素や栄養素が毛根に届きやすくなります。

つまり、髪の毛の成長やツヤのアップに繋がるので、「髪の毛がパサついてる」「薄毛が気になる」という方は“頭皮のセルフマッサージ”を積極的に行うべきです。

2:白髪や抜け毛予防効果

頭皮の血行を促進するということは、逆に髪の毛の栄養不足などで起こりやすい白髪や抜け毛の予防効果にも一役買ってくれます。

このように、頭皮の状態というのは髪の毛に大きく関わっているということがわかりますね。

3:ストレスも一緒にほぐれるリラックス効果

頭のコリは、ストレスの度合いを表していると言っても過言ではありません。

掴もうとしてもビクともしないほど頭皮が固い人は、かなりストレスが溜まっている危険性が!

たった1回の“頭皮のセルフマッサージ”でも副交感神経が刺激されリラックスできますので、ぜひ今回ご紹介する“頭皮のセルフマッサージ”をおこなってみてください。

自分でもキモチイイ!“頭皮のセルフマッサージ”方法

いつでもできる“頭皮のセルフマッサージ”

①両手を広げて頭を抱え込み、両方の親指を耳の後ろのへこんだところにあて、側頭部を下から上に持ち上げるように動かし、1~2分ゆっくりもみほぐします

②今度は同じように、前髪の生え際を頭頂部へ持ち上げるように動かし、1~2分ゆっくりもみほぐします

“頭皮のセルフマッサージ”を更に効果アップさせよう!

上記でご紹介した“頭皮のセルフマッサージ”を、入浴前に行い、マッサージ後にホットタオルで髪の毛を包み、10分ほど置いてから髪を洗いながすと、開いた頭皮からごっそりと汚れを落とすことができ、美髪効果も得られます!

また、可能なら椿油やオリーブオイルを頭皮に馴染ませてから“頭皮のセルフマッサージ”を行うと、より頭皮をほぐしやすくなりますよ。もちろんマッサージ後はしっかりオイルを洗い流しましょうね。

“頭皮のセルフマッサージ”をするときの注意点

“頭皮のセルフマッサージ”は、すればするほど効果があるものではありません。

力を入れ過ぎたり、同じところを長時間マッサージし過ぎてしまうと、逆に頭皮を傷つけてしまうおそれがあるので注意しましょう。

1回の頭皮のマッサージは5分以内にし、1週間に1度のペースでおこなうのがベストです。

また、爪を伸ばしている方は肌を傷つける恐れがあるため、マッサージグッズを使うのもアリです。

その際は頭皮を傷つけない、頭皮に優しい素材を使っているマッサージグッズを選ぶよう注意してくださいね。

 

肩や首にコリが溜まるのと同じように、頭にも予想以上のコリが溜まっています。

頭皮のコリをほぐして血流をよくすると、目の疲れや首コリ・肩コリも解消されるだけでなく、日々コリと一緒に溜めているストレスもほぐされるので、ぜひこの機会に“頭皮のセルフマッサージ”を習慣化していってくださいね!