【10%OFF】話題の美顔ローラーも対象です!

『集中力が続かない…』そんなストレス頭をスッキリさせる対策法

『集中力が続かない…』そんなストレス頭をスッキリさせる対策法

 

業界によって異なりますが一般的に3月は決算シーズンに該当するため、繁忙期に突入する企業が少なくありません。そのため、毎年3月になると仕事の疲れによって体の不調を抱える社員、スタッフも多くなります。

「あとひと踏ん張りしたいけど集中力が…」「長時間の作業で疲労がピークに…」。今回はこのような悩みを抱える方に向けて、頭をスッキリさせる方法を解説します。

 

「仕事がしんどい…」と感じたときは心と体からのSOSサイン

 

繁忙期の疲労で最も大切なことは、「仕事がしんどい…」と感じたときの対策です。繁忙期は仕事に費やす時間が他の時期よりも多くなるため、多少体の不調を感じてもムリを押して作業をこなす方が少なくありません。

しかし、このような生活は心と体からのSOSサインを無視しているということですから、後々思わぬ病気にかかったり、長期の体調不良を抱えたりする恐れもあるでしょう。

詳細は後述しますが、繁忙期でも短時間で心と体をスッキリさせる方法は数多くあります。よって繁忙期にいつもとは違う疲れなどを感じたときは、一旦立ち止まって心と体からのSOSメッセージに耳を傾けてあげるようにしましょう。

 

【頭がスッキリ!】繁忙期の疲れにおすすめの対策法4選

ここからは繁忙期で疲労がピークに達している方に向けて、頭をスッキリさせる方法を4つご紹介します。

 

睡眠の見直し

頭をスッキリさせる基本的な方法は、やはり睡眠の見直しです。睡眠は疲れた心と体をスッキリさせるための基本的なメンテナンス法でもあります。そのため、健康な体を維持するには7時間~8時間の睡眠時間確保を推奨する専門家も多いです。

しかしいつもより仕事時間が延びることも少なくない繁忙期は、十分な睡眠時間を確保するのも困難です。

このようなときは夜の睡眠ではなく、昼の睡眠を有効活用しましょう。昼の睡眠とは具体的に説明すると仮眠のことを指します。仮眠は疲れた頭や心をスッキリさせる方法として、世界的に有効と認められています

事実NASA(アメリカ航空宇宙局)が行った研究では昼に26分の仮眠を行った結果、認知能力が34%、注意力が54%向上したとのことです。

このような理由から繁忙期で夜の睡眠時間が十分にとれない方は、昼休みを活用して15分~30分ほどの仮眠を取り入れるとよいでしょう。

ただし仮眠の注意点としてはどんなに長くても30分以内に収めることです。これは30分以上の仮眠は体内のサイクルが乱れ、夜に寝付けないといったデメリットを引き起こす可能性があるからです。

 

疲れ目ケア

パソコンなどを1日使用するデスクワークでは、疲れ目が発生する可能性も高くなります。この疲れ目は放置しておくと頭も含めた全身の不調を招く恐れもあるため、適度にケアを施すようにしましょう。

疲れ目ケアの基本としては、目の周辺に蒸しタオルと冷やしタオルを交互に当てる方法があります。それぞれのタオルを当てている時間は1分~2分ほどで問題はありません。

温度が異なるタオルを疲れ目に当てると血行促進の効果が得られますので、体がスッキリした感覚を覚えます。なお目は非常にデリケートな部位でもありますので、ケアを行うときは清潔なタオルを使うようにしてください。

 

散歩

軽く歩く程度の散歩は体の健康維持だけではなく、頭をスッキリさせる効果もあると考えられています。

私たち人間の足裏には全身のツボが存在しており、特に親指周辺は頭のツボが集中している部位です。よってつま先で地面を蹴るようにして歩く散歩は親指を刺激することができるため、血行促進や脳の活性化といった効果が期待できる可能性があります。

仮に繁忙期で短時間の散歩をする時間もないといった方は、ゴルフボールなどを使って足裏をコロコロするだけでも一定の効果を見込むことができます。

 

栄養バランスの整った食生活

頭、体、神経をフル回転させる繁忙期はストレス、疲労に抵抗できる食生活も重要です。ご飯やパンといった炭水化物、肉や魚に含まれることが多いタンパク質や脂質、野菜や大豆製品に含まれる食物繊維といった基本的な栄養素は日々の食事からしっかりと摂取しておきましょう。

また適度な水分補給は脳細胞や神経細胞の機能を正常に保ちます。繁忙期は知らず知らずのうちに体が緊張しているため、体内の水分量も失われがちです。ちょっとした時間を見つけて、体内の水分不足を解消してあげることも忘れないでください。

またビタミンBやビタミンCは疲れ、ストレスによって大量に消費されていきますので、普段からこまめに摂取しておきましょう。

ビタミンCは赤ピーマン、黄ピーマン、レモン、柿といった野菜や果物から摂取できます。ビタミンBに関してはナッツ類などに豊富に含まれていますので、職場でも栄養補給が可能です。

 

まとめ

3月は決算シーズンにあたりますので通常よりも忙しくなったり、慌ただしくなったりする企業が少なくありません。

このような繁忙期は、心と体の不調を訴える社員やスタッフも多くなることが予想されます。ムリを押して仕事を続けるのは体にも良くないため、極度の疲労などを感じたときは一度立ち止まって体や頭のケアを施してあげるようにしましょう。

繁忙期を元気に乗り切るには、自宅だけではなく職場でのケアも大切です。毎年3月の繁忙期になると頭、体、心の疲労がピークに達するという方はぜひ参考にしてください。

頭・顔・首・肩カテゴリの最新記事