眠れない・集中力が無い…メンタル疲れのサイン「首のコリ」解消法

最近、眠れなかったり集中力が続かなかったりしていませんか?

実はそれ、“首のコリ”を放置しているからかもしれません。“首のコリ”はメンタル疲れのサインだとご存知でしたか?

しかも“首のコリ”は顔のむくみや顔痩せにも大きく影響するので、「顔がパンパンだって言われた」「体は痩せてるのに顔だけいつもむくんでる」とお悩みの女性も、要チェックです!

“首コリ”の原因とその被害

多くの人が「あ~、凝ったなぁ」と言いながら肩を揉んでいますが、実はその大半は肩コリではなく“首コリ”というパターンが多いです。

“首コリ”の原因として大きく考えられるのが、

  • ストレスを抱えている
  • 同じ姿勢を続けたり姿勢が悪かったり
  • パソコンやスマホを長時間使用

この3つ!

そもそも“首コリ”に関わるのが、肩から背中覆うように広がる「僧帽筋(そうぼうきん)」と、耳の後ろあたりから首の側面を伝って鎖骨へと繋がる「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」です。

「僧帽筋(そうぼうきん)」は日常の動作からコリが溜まりやすく、「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」は心労やメンタルの疲労からコリが溜まりやすい部位。

そしてそれらのコリは、全て“首のコリ”の原因にも繋がっているわけです。

このことからわかるとおり、“首コリ”は日常生活を送る上で非常にコリやすい部分なんですね。

そして“首のコリ”を放置するということは頭痛や顔のむくみだけでなく、不眠症や集中力の欠如も引き起こしやすく、結果的にメンタル悪化のスパイラルに陥る原因ともなってしまいます。

たった30秒で“首コリ”解消!?

こんなにも大きな影響を及ぼす“首コリ”ですが、実はその解消法は意外と簡単だったりします。

もちろん専門的なマッサージやカイロプラクティクスのお店に通うのもとても良いですが、たった30秒を使えば自分でもしっかりケアできます。

その方法はこちら!

(1)姿勢を良くして立ちます

(2)まずゆっくりと上を向いて10秒キープ(首筋を伸ばすように意識)

(3)続いて今度はアゴを鎖骨に付けるように下を向いて同じく10秒キープ(肩甲骨あたりが伸びるのがわかると思います)

以上、計30秒で首まわりがスッキリ感じることでしょう。

これなら自宅だけでなく、会社でも簡単にできますのでぜひ試してみてくださいね!