ほぐナビ

マスクをしてると逆に乾燥する!?『マスク肌荒れ』の改善策3つ

新型コロナウイルスなどの流行病やウイルス病が発生すると、マスクを着用する時間帯が長くなります。この長時間のマスク着用によって起きる悩みのひとつが「肌荒れ」です。

マスクは感染症などを防ぐ上では有効なアイテムのひとつですが、長時間の着用は皮膚に大きなダメージを与える可能性が高いです。

ではなぜマスクの長時間着用は肌荒れを引き起こすのか?またマスク着用による肌荒れを改善したり、予防したりする方法はあるのか?今回はこのような疑問を抱える方に向けて、マスクによる肌荒れの改善法や対策法を解説します。

 

マスク着用で肌荒れを起こす理由

マスクを長時間着用することで起きやすい肌トラブルには、以下のようなものがあります。

・ニキビ(吹き出物)

・肌荒れ

・乾燥

花粉症やウイルス感染症に注意しなければならない時期、季節は外出時などを中心にマスクを着用する機会が多くなります。

マスクを長時間着用すると皮膚とマスクに使用されている素材がこすれあって摩擦を起こすため、口から顎にかけてニキビ(吹き出物)などができやすくなります。

またマスクの中は非常に蒸れやすい環境です。この蒸れが雑菌の大量繁殖を招きますので、ニキビの治りも遅くなりがちとなるでしょう。さらにマスクの長時間着用はかぶれ(接触皮膚炎)による影響で口周りが赤くただれ、粉をふくこともあります。

その他長時間着用したマスクには花粉、ホコリ、汚れが付着しており、これらの影響によってかゆみも引き起こします。

 

また意外なところでは、マスクの長時間着用は肌の乾燥を招きやすいとされています。これはマスクを外すことで肌表面の水分が蒸発しやすい環境になっているためです。

乾燥は肌のバリア機能の低下を招きますので、放置しておくと細菌やウイルスの侵入を簡単に許してしまい、口唇ヘルペスなどの感染症や湿疹が起きやすくなります。

これら複数の理由から長時間、長期間に渡るマスク着用時は肌の機能を正常に維持する対策、工夫を施す必要があるといえるでしょう。

 

マスクによる肌荒れの改善・予防法3選

ここからは長時間のマスク着用による肌荒れの改善法や予防法を解説します。今回は3つの改善、予防法をまとめましたのでご覧ください。

 

雑菌除去や肌のバリア機能を維持する洗顔・保湿

前述のように長時間のマスク着用は雑菌の大量繁殖や肌の乾燥が起きやすい状態です。よって肌を清潔にしたり、正常なバリア機能を保つことができる保湿対策を行ったりなどのスキンケアはしっかりと行っておきましょう。

洗顔はしっかりと丁寧に行うようにします。ただし雑菌を落とすためにゴシゴシと力を入れて洗ったり、刺激の強すぎるアイテムを使用するのはNG。

肌に優しいクレンジングや洗顔料を使用することを推奨します。また洗顔後は乾燥による肌荒れを防ぐために、保湿クリームなどを使った保湿ケアを行うことも忘れないでください。

 

肌への負担が軽いマスクを着用する

マスクの素材は主に不織布が使用されています。科学的な作用によって作られた不織布は、人によって肌に合わないということが少なくありません。

またマスクの肌荒れの原因は摩擦が大きく影響していることが多いです。よって着用するマスクは肌への負担が軽い素材を使ったタイプや摩擦が生じにくいタイプを選ぶようにしましょう。

一般的に肌に優しいとされているマスクはガーゼやコットンなど天然素材が使われたものとされています。

また形状に関してはプリーツ型よりも立体型のほうが肌への摩擦を軽減できます。マスクの肌荒れを予防したい方はこれら肌に優しいタイプのマスクを選択するとよいでしょう。

とはいってもウイルス感染症対策を徹底する必要がある時期などは、マスクが品薄になっており、自身が希望するタイプのマスクを入手するのは困難です。

このようなケースでは先ほどもご紹介した天然素材のコットンを肌に乗せて、その上からマスクを着用することで肌への負担を軽減することができます。

保湿力やバリア機能の維持に効果があるコスメ製品を活用する

長時間のマスク着用は肌の角質へのダメージや皮脂バランスの乱れが起きやすい状態です。よってマスク着用による肌荒れ対策を行うときは、肌の保湿力やバリア機能を維持できるコスメ製品を有効活用することも検討しておきましょう。

肌の水分蒸発を防ぐ細胞間脂質のセラミドなどが配合されたアイテムは、肌本来のバリア機能を維持する上ではおすすめです。

特に肌が乾燥しやすいという方は保湿クリームだけではなく、化粧水や美容液も保湿タイプのものを選ぶとよいでしょう。また唇が乾燥しやすいという方は、保湿効果が抜群の保湿リップなどの活用も推奨します。

 

まとめ

今回はマスクの長時間着用による肌荒れ対策を解説しました。マスクの長時間着用は一見すると保湿効果が高そうに見えますが、実はまったくの逆であり、肌の乾燥を招く原因にもなります。

また一時的な蒸れによる雑菌の繁殖なども肌荒れを引き起こす大きな要因です。よってマスクを長時間着用するときは、日々のお肌ケアをしっかりと行うようにしましょう。

基本的に日々のスキンケアでは洗顔と保湿に力を入れること。そして着用するマスクは肌への負担が軽いタイプを選ぶことが大切です。現在マスクの肌荒れでお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。