【10%OFF】話題の美顔ローラーも対象です!

『これってゆらぎ肌?』季節の変わり目でも健康肌を保つための3か条

『これってゆらぎ肌?』季節の変わり目でも健康肌を保つための3か条

冬から春先にかけてなど、季節の変わり目になるとお肌の不調を抱える女性は少なくありません。これは肌がゆらいでいる証拠でもあります。

なぜ季節の変わり目は肌の不調を抱えるゆらぎ肌を引き起こすのか?またゆらぎ肌に効果的な対策はあるのか?今回はこのような疑問、悩みを抱える方に向けてゆらぎ肌の原因やおすすめの対策法を解説します。

 

ゆらぎ肌の原因

ポカポカとした陽気に恵まれる春の季節などは、快適で過ごしやすいというイメージがありますが、実は肌にとっては過酷な時期ともされています。

季節の変わり目は肌のカサつき、かゆみ、赤み、吹き出物などの症状が現れるという方は少なくありません。これらゆらぎ肌の原因は前の季節(冬)から続く乾燥、急増する紫外線、花粉、黄砂、PM2.5の飛散などです。

また春先というのは年度の切り替わりであり、就職や異動、転勤、引越しなど新しい環境による緊張感やストレスもゆらぎ肌を引き起こす要素です。

季節の変わり目でも安心!おすすめのゆらぎ肌対策

ゆらぎ肌の主な原因を把握したら、効果的な対策を施すようにしましょう。ここではゆらぎ肌対策の基本を3つ解説します。

 

肌に負担をかけないケア

ゆらぎ肌は肌の健康を維持する役割などを担うバリア機能の低下によって引き起こすといわれています。よって普段からバリア機能を維持するケアを施すことが大切です。

バリア機能が低下した肌とは具体的に説明すると角質がめくれていたり、肌内の細胞の層が乱れたりする状態のことを指します。このような肌環境は外部からの刺激を感じやすい状態であり、内側からの潤いも逃げていきます。

これらの弊害を防ぐにはクレンジング、洗顔、保湿がポイントとなります。まずクレンジングは中指と薬指を使ってメイクをなじませるようなイメージで行うようにしましょう。

中指と薬指は力が入りにくい指となるため、肌全体に必要以上の圧力や摩擦がかかるのを防ぐことができます。洗顔も肌に負担をかけないようにもっちりと泡立てた泡を肌の上で転がすように行いましょう。

また、保湿に関しては水分、油分、保湿成分をバランスよく肌に与えるアイテムを使用するとよいでしょう。特にセラミドが配合されたものは、正常なバリア機能を維持する効果が高いためおすすめです。

 

抗酸化力がある食材を積極的に使った食事

ゆらぎ肌は免疫力の低下も大きな原因です。免疫力が低下すると内臓の働きや新陳代謝が悪くなります。このような状態になると新しい健康的な肌を生成するターンオーバーのサイクルにも悪影響を及ぼすことになります。

ターンオーバーの乱れは肌のごわつきや吹き出物といったトラブルの原因にもなるため、免疫力の維持というのもゆらぎ肌対策では重要なポイントとなってきます。免疫力の維持に効果的とされているのは、抗酸化力がある食材を積極的に摂ることです。

抗酸化力が多く含まれた食材は、肌トラブルや老化を招く活性酸素を抑える働きがあります。体内での活性酸素量が抑えられることで免疫力の維持や向上にもつながり、紫外線ダメージなどから肌を守る効果も高めることができるでしょう。

活性酸素を減らす効果がある食材は数多くありますが、その中でもトマトやブロッコリーなどに含まれるフィトケミカルは高い抗酸化力があることで有名です。

規則正しい生活習慣

前述のようにゆらぎ肌は環境の変化によるストレスなども原因です。よって余計なストレスを溜め込まないような規則正しい生活習慣も身に付けるようにしましょう。

特にお肌にとって大切なのが質の高い睡眠です。一般的に22時~2時までの間は成長ホルモンの分泌量が増える時間帯とされています。

成長ホルモンはダメージを受けた肌の修復や健康的な肌を維持する上では非常に重要なホルモンです。成長ホルモンの分泌は就寝中に最も高まるとされているため、夜更かしが日常化している方は就寝時間の見直しを行うことをおすすめします。

なお、働く女性の場合は夜10時にベッドに入るのが難しいという方も少なくありません。このような方は毎日決まった時間に就寝するなどの工夫を施してみましょう。これは睡眠サイクルを整えるだけでも肌に良い効果が見込めるためです。

まとめ

今回は季節の変わり目になると多くの女性が悩むゆらぎ肌に関するお役立ち情報を解説しました。ゆらぎ肌の原因は乾燥、紫外線、花粉、PM2.5、ストレスなど多岐に渡るため、対策などで悩む方も少なくありません。

ゆらぎ肌に対する対策の基本は肌のバリア機能を正常に維持することです。肌のバリア機能を正常に保つことができれば外部からの刺激にも抵抗しやすくなるため、季節の変わり目でも健康的な肌を維持しやすくなります。

日々の肌ケア、食事、生活習慣に気を配りながら季節の変わり目の肌トラブルを防いでいきましょう。

頭・顔・首・肩カテゴリの最新記事