エラの張りを解消して小顔に!自分でできるマッサージ法

すっきりとした小顔はスタイルが良く見えて、多くの女性の憧れですね。

「でも私、エラが張っているからなぁ……」とお悩みの方も多いかもしれません。

エラが大きく張りだしていると顔が大きく見えたり、男性的な印象になったりと、何かと損ですよね。

髪型でなんとかカバーしようと考える方もいるかもしれませんが、実はエラの張りはマッサージで改善できるとんですよ。

私たちの顔の輪郭はもちろん骨格によって決まりますが、骨には筋肉や脂肪もついています。

この筋肉や脂肪に働きかければ、ほっそりとした輪郭にすることも可能なのです。

筋肉のコリをほぐすマッサージ法を覚えて、女性らしい小顔を目指しましょう。

エラが張ってしまう原因って?

私達が「エラが張っている」と呼んでいる顎から耳にかけてのラインの原因は、「咬筋(こうきん)」という筋肉が発達して大きく見えているケースがほとんど。

咬筋とは咀嚼筋の一つで、奥歯を動かすとポコっと出てくる部分の筋肉です。

ストレスなどで歯を食いしばる癖のある人や、寝ているときに奥歯をかみしめて歯ぎしりをする癖のある人は特にエラが張りやすくなります。

また、食事の時に片方の奥歯ばかり使っていうる、左右のエラの張り具合いに差が出てきます。

エラの張りを解消するマッサージ

お顔まわりの咬筋のコリはエステなどで専門的にマッサージをしてもらうのが効果的ですが、自分でマッサージすることでも改善が可能です。

次のステップでお顔まわりをマッサージして、エラの張りを解消しましょう。

(1)顔の左右の咬筋に、人差し指と中指の指先を揃えて当てます。

(2)指先で咬筋の周りを、円を描くように30秒ほどマッサージします。

(3)そのまま指を滑らせて耳からこめかみまでのラインを手で揉むようにマッサージします。

(4)続いて胸鎖乳突筋、耳と鎖骨を結ぶラインも優しくもみほぐすようにマッサージをしましょう。

このマッサージを1日に数回繰り返していると、次第にエラがほっそりと痩せてくるはずです。

洗顔の際やお風呂に入った時などに試してみてくださいね。

顔のコリを解消して憧れの小顔に!

エラなどフェイスラインの悩みは「整形でもしない限り治らない」と思いこんでしまいがち。

しかし実際には骨に張り付いた筋肉や脂肪の厚みの方がボリュームがあるのです。

ご紹介したコリをほぐすマッサージをしていると、新陳代謝が良くなって脂肪の厚みも改善するはずです。

ぜひ根気よく続けてみて下さいね。

咬筋は毎日、食事のたびに使っている筋肉です。

だからこそ自然と疲労し、コリが溜まってしまうのです。

マッサージを毎日の習慣にして、その日のコリはその日のうちにスッキリ解消して小顔を作りましょう!