マスクが欠かせない毎日であっても、テレワーク中のオンラインミーティングなどでお肌をさらす機会も多く、シミやくすみが気になってはいませんか?

シミやくすみは、見慣れているはずの自分自身の顔立ちに違和感を感じたり、まわりからも疲れた印象に映ることが多いので、早めのケア・対処法を押さえておきたいですよね。

今回は、クリアな美肌で笑顔のライフ・新生活を送ることができるよう、シミの改善や予防に役立つケアとマッサージとツボ押しのおすすめメソッドをお伝えしていきます。

 

気になるシミの改善・予防におすすめのスキンケアメソッド

シミの改善・予防は、規則正しい毎日と栄養バランスに気を配った食事に合わせて、毎日のスキンケアがキホンのメソッドになります。

ここでは、クリアな美肌に近付く、シミ改善・予防におすすめのスキンケア方法を参考にしてみましょう♪

 

美白化粧品はマストなアイテム

シミやくすみをケアするキホンは、美白有効成分が配合された化粧品を使うことが早めに悩みを解決するコツになります。

・プラセンタエキス

・アルブチン

・ビタミンC誘導体

などの美白有効成分は、シミの予防・シミのもととなるメラニン色素の分解・排出する作用が、厚労省からも認可されているため、早めに準備・使用するようにしましょう。

 

保湿を徹底して紫外線ダメージからお肌を守ろう

気になるシミの改善・予防は、各層にたっぷりのうるおいを満たし、バリア機能を高める保湿ケアも効果的と考えられているんです。

保湿を徹底したスキンケアを心がけていると、お肌のバリア機能が高まり、紫外線ダメージや手肌による摩擦を跳ね返す肌質に強化されるため、美白化粧品と保湿に特化したアイテムを並行して使ってみましょう。

肌質や紫外線量に合う日焼け止めを使おう

紫外線は季節や天候にかかわらずに降り注ぐ性質を持っているため、ちょっとのお出かけはもちろん、お家時間にも日焼け止めを使うことが推奨されています。

日焼け止め商品に表記されているSPFやPAには、シミやくすみ、たるみやシワにつながる紫外線A波とB波からお肌を守る作用があるので、肌質や紫外線量に適したSPF・PA表記の日焼け止めを毎日使うようにしましょう。

敏感な肌質で日焼け止めの刺激・負担が気になる際には、パウダーファンデーションを多めに塗布しておくと、SPFやPAの表記がなくても、SPF25程度の紫外線ブロック効果が期待できると言われていますよ。

 

シミやくすみが目立つお肌に透明感を!おすすめのマッサージとツボ押し

マッサージやツボ押しは、小顔効果ばかりではなく、お肌のリンパのめぐりを活性化するため、シミやくすみのケアに役立つと考えられているんです。

ここでは、毎日のスキンケアと一緒に試してほしい、シミ・くすみケアに役立つマッサージとツボ押しのメソッドをまとめてみました。

 

シミ・くすみにおすすめのフェイシャルマッサージ

①人差し指・中指・薬指をアゴに添え、リンパを刺激するようにこめかにまで指を動かします

②人差し指から小指までの4本の指を眉に添え、じっくりと動かしながら額の上部まで持ち上げましょう。

※シミ・くすみにおすすめのこちらのマッサージは、リンパ管が集中しているアゴ・こめかみ・眉まわり・額の上部をくまなく刺激し、お肌に自然なツヤを引き出してシミを目立たなくする効果が期待できます。

シミ・くすみにおすすめのツボ押しメソッド

①アキレス腱と内くるぶしの中間にある「太谿(たいけい)」というツボに人差し指を当てる

②はじめは軽めに5回程度押し、徐々にチカラを入れて全10回ツボ押しをしましょう

※太谿(たいけい)というツボは、お肌細胞や肌質の老化を防ぎ、皮膚の内側に潜んだメラニン色素を表側に出さないよう、押しとどめて分解する作用があると考えられていますよ。

 

まとめ

シミやくすみのケアは難しいイメージがありましたが、実はシンプルな方法で透明美肌に近付くことができるんですね♪

ぜひご紹介した方法を習慣付け、まわりの視線も気にならない、つややかでクリアな美肌を取り戻していきましょう!