難しい内もも痩せに効果的!なダイエット方法6つ

ダイエットを何回か経験しているとわかると思いますが、私たち女性の身体には余分なお肉がつきやすい部位とつきにくい部位があるように、痩せやすい部位と痩せにくい部位があります。

何といっても痩せにくいのは、太もものあたりですね。

特に寒さと運動不足で脂肪をため込みやすい冬が終わったばかりの太ももなんて、もう最悪!

ミニスカートや水着など、これからの季節のおしゃれを思いっきり楽しめませんよね。

夏に向けて太もものダイエットを始めましょう!

太ももやせには無理なダイエットはNG!

やってくる夏に向けて、ダイエットに励んでいる方は多いと思います。

ついつい無理な食事制限にチャレンジしてしまいがちですが、それでは効果的にやせることはできません。

太ももは私たちの身体を支える重要な部位で、多くの体重を受け止めるために強靭に作られています。

さらに、大きなリンパが通っているので食事制限などではダイエット効果をあげることはできないのです。

太ももを上手に鍛えるダイエット方法で、健康的にほっそりとした太ももをゲットしましょう。

頑固な太ももをダイエットするストレッチ6つ

痩せにくい太もものお肉は、ストレッチで鍛えて引き締めるのが一番です。

特別な道具やテクニックが無くてもできる、効果的なダイエット・ストレッチを7つご紹介しますので、ぜひ試してみて下さいね。

ユラユラ内ももストレッチ

床に胡坐をかくように座り、両足の裏を合わせたら、ユラユラと体を左右に揺らして太ももに負荷をかけて、30秒くらいストレッチをします。

寝ながら内ももストレッチ

床に仰向けになって寝て膝を立て、片膝を90度に曲げた状態で上に持ち上げ、外側に倒して10秒間キープし、反対側の足も同様にストレッチをする。

伸脚運動で太ももストレッチ

ラジオ体操の要領で、立った状態で足を大きく広げ、伸脚してふくらはぎから膝の裏、太ももの裏を伸ばしてストレッチをする。

ダンベルを使って内ももストレッチ

2本のペットボトルに水を入れて作ったダンベルを持って手をダランと下げ、スクワットの要領で腰を膝の位置まで下げる、あげるを繰り返してストレッチをする。

ヨガのポーズで内ももストレッチ

床に足を伸ばして座り、お尻の15㎝ほど後ろへ手を置いて尻を床からあげて、つま先から頭まで一直線に30秒キープして太ももをストレッチする。

亀の子内ももストレッチ

床に肘と膝を付けて四つん這いになり、ゆっくりと膝を左右に広げて腰を床へ近づけたら、腰を左右に移動させてそれぞれ10秒ずつキープしてストレッチをする。

無理のないダイエットでほっそり太ももをゲットしましょう

太ももは意識しないと動かすことがないので、そういった面でも鍛えにくく、引き締めにくい部位です。

今回ご紹介したストレッチを1日に3~4セット繰り返すと、徐々に太もものお肉が引き締まってきますので、根気よくチャレンジしてみて下さいね。

スリムな太ももは足長効果がありますが、ある程度ふっくらとした太ももはセクシーな雰囲気を与える重要なポイントです。

肉を落とすというよりも、引き締めることを意識して、ストレッチで効果的に太ももをダイエットしていきましょう。