ブーツもヒールも恐くない!今から始めよう「冬美脚」の作り方

少しずつ冬の気配が近付いてきている今日このごろ、皆様はどんな“美脚作り”に励んでいますか?

“美脚”というと露出が増える夏が本番のように感じるかもしれませんが、新の“美脚”は一年通しても“美脚”!

パンツスタイルでもブーツスタイルでもヒールスタイルでも、バッチリ決まるのが“美脚”というものです。

むしろ寒さが始まり血行が悪くなりやすいこれからの方が、 “美脚”の天敵・コリが溜まりやすいってご存知でしたか?

毛穴は引き締まるけれど脚は引き締まらない季節

寒い時期というのは、夏に比べて美肌に欠かせない毛穴の引き締めが自然と行われるので、女性としては非常に有り難い季節です。

が、しかし!

毛穴は引き締まってくれますが、寒いと血液の流れが悪くなりやすいので、逆にコリがたまりやすく、結果的に「たるみ脚」や「むくみ脚」といった引き締まらない脚になりやすい季節でもあるのです。

さらに最近のワークスタイルは「長時間立ちっぱなし」か「長時間座ったまま」といった、ふくらはぎにコリを溜めやすいものばかり。

だからこそこの時期によくある、「帰ってきたら脚が異様なぐらいパンパン」だとか「一度脱いだブーツがすぐ履けない~」といったことが起こりやすいわけなんですね。

せっかくブーツを楽しめる季節だというのに、「たるみ脚」や「むくみ脚」が起こりやすい季節でもあるため、午後の自分の脚元がパンパンなシルエットになっていた……なんて恐いことは回避したいですよね。

そのためにも、早い内から“冬美脚”を作り始めておきましょう!

入浴中の一手間が“冬美脚”への近道

ふくらはぎのコリの取り方は色々ありますが、やはり効果的かつ継続的に行えるものが一番ですよね?

なのでオススメなのが、入浴中に以下のことを取り入れることです!

・お風呂に浸かっている最中、とにかく自分が気持ち良く感じる強さでふくらはぎをもみましょう

・ポイントはもんだ回数を数えたり「やるぞ!」と意気込んだりするのではなく、ながら作業のようなゆるさでやること(そうすることで「やらなきゃいけない」といったプレッシャーが無くなり、よりリラックスして継続的に行えます)

※もし入浴はシャワーだけならば、桶にお湯をためて髪や体を洗っている最中はそこに足を入れてプチ足湯をしましょう。余裕があればふくらはぎももんであげてください。

「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、とにかくふくらはぎのコリを取るために最も効果的なのは、ふくらはぎをもむことなのです。

また、入浴中という体が温まり血液の流れが良くなる状態で行うことで、溜まったコリをより早く解消することに繋がります。

逆に「5分アレして、10分休んだら次はクリームを塗ってマッサージを……」と、効果はあるけど複雑なステップを取り入れようとすると、大抵は継続することが難しくなってしまいます。

なのでそういった上級者向けのほぐし方は、「入浴中にふくらはぎをもむのは習慣」といったレベルになってからにしましょうね。

ふくらはぎは第二の心臓と言われているぐらい、全身の血液を送り流すための重要な役割を担っています。

つまり、ふくらはぎのコリを解消するということは、結果的に全身の血行も良くするということ。

なので“美脚”を作るためだけでなく、冬のように全身の血行が悪くなりやすい時期は、積極的にふくらはぎをほぐしてあげてください。