夏こそむくみやすい時期!冷房による“夏冷えむくみ”を撃退しよう

夏こそむくみやすい時期!冷房による“夏冷えむくみ”を撃退しよう

今年もムシムシと湿度と気温が高い暑い夏の通勤と、冷房でキンキンに冷えた電車の車内やオフィスでの冷え対策に、疲れのピークを迎えている女性が多い時期ではないでしょうか。

通勤時には暑さで汗をかきやすいですが、電車の車内やオフィスに入ってしばらくすると強い冷房の風や低い温度設定によって体が冷えますよね。

暑い夏の夕方になると起こるむくみは、夏の暑さと室内の冷房による寒さなどの寒暖差によって起こりやすくなっています。女性の天敵である冷えによって起こるむくみのお悩みも、原因を知り、簡単な対策を行うことで撃退することができるのです。

ここでは、夏ならではの冷えによって起こるむくみについてご紹介します。この時期に特に気になるつらいむくみを解消し、快適に過ごしたいという方は、ぜひご参考にしてください。

 

外は暑く、オフィスは寒い!

外は暑く、オフィスは寒い!

働いている女性の夏のお悩みとして、「職場が寒い」といった意見がよく挙げられますが、あまりの暑さに冷房がきいているオフィスに到着したら、氷の入った冷たい飲み物を飲んでお仕事をしているという女性も多いのではないでしょうか。

むくみは季節を問わず発生するものですが、特に冷房のきいた室内で過ごす時間が長いだけでなく、冷えた飲み物やアイスクリームなどの冷たいものを食べる機会が多い夏には、むくみが起こりやすい条件が整います。

中でも、お仕事で立ったり座ったりし続ける方などは、運動量も少ないことから血流も悪くなり、さらにむくみが起こりやすくなるのです。

冷えで起こるふくらはぎのむくみは、冷えで固まったふくらはぎの筋肉をほぐし、血流を良くする簡単なマッサージで防ぐことができます。むくみが起こってから行うのではなく、冷房による冷えを感じた時や同じ姿勢が続いていると感じた時など、気が付いた時点で行いましょう。

マッサージをする時間が無い方も、場所を選ばずに使うことができるマッサージアイテムを使用すれば、お昼休憩などにも短時間で効率的にむくみを予防できます。

 

むくみを放置すると…

むくみを放置すると…

そもそもむくみとは、本来は排出されるべき体内の水分の流れが何らかの原因によって滞り、腫れぼったい状態になることを言います。

体が冷えることによって体内の水分や老廃物の循環が悪くなり、運動量が少ないことによって血流が悪くなると夏ならではのしぶといむくみが起こります。そして、夏の冷えによって起こるむくみをそのまま放置すると、たまった老廃物に脂肪細胞が付着し、最悪の場合表皮の凹凸のセルライトにつながることもあります。

また、むくみを放置すると血流が悪い状態が続き、体が疲れを感じやすなり、夏バテなど思わぬ体の不調を引き起こす可能性もあるのです。

セルライトを防ぐためには、ただ体を冷やさないように対策をするだけではなく、むくみを起こしにくい体づくりが必要不可欠と言えるでしょう。万が一むくんでしまっても、その日のうちに簡単なマッサージを行い、血流を良くすることがセルライト予防に繋がります。

 

夏のふくらはぎのむくみを撃退しよう!

夏の冷房による冷えと運動不足によって起こりやすいしぶといむくみは、重力によって下に水分が溜まることから特に下半身に発生しやすくなります。

つい体を冷やす食べ物や飲み物を多く摂取しがちな時期で、暑いからと湯船につかって体を温めるのも面倒になってしまうものですが、夏こそ体の芯を冷やさないようした上で血流を良くする対策が大切です。

体の中でも大きな筋肉がある下半身のマッサージを念入りに行い、むくみとセルライト知らずのスッキリ美しいふくらはぎで残暑を乗り越えましょう!

太もも・ふくらはぎ・足裏カテゴリの最新記事