テレワークが当たり前のワークライフになっているこの頃、長時間同じ姿勢による運動不足が原因の脚のむくみが気になってはいませんか?

脚のむくみは早めにケアをしておかないと、セルライトに変わってしまうやっかいなトラブルも!

テレワークの合間にサクッとできて継続しやすい、脚のむくみに効果的なケア方法をさっそく参考にしてみましょう。

 

テレワーク中の脚のむくみはエクササイズで解決!【正座から脚ブラエクササイズ】

むくみを解消・予防するマッサージやエクササイズは、それなりに時間や手間もかかる方法が多いので、もっとサクッと実践できる方法が理想的ですよね。

ここでは、誰でも気楽にトライできる、テレワーク中の脚のむくみが気になった際の、「正座から脚ブラエクササイズ」のメリットと方法をご紹介しましょう!

 

正座から足ブラエクササイズで脚のむくみケア!気になるメリットは?

正座から脚ブラエクササイズは、正座をすることで脚にたくさんの血液が集中し、そこからブラブラと揺すりをかけることで、血液循環が活性化し、むくみの原因となる余分な老廃物が流れやすくなります。

正座から脚ブラエクササイズはその他にも、ふくらはぎをピンポイントで刺激できるため、むくみをケアしながら、女性に多い足元の冷えを緩和・予防できるメリットもあるんですよ◎

正座から脚ブラエクササイズで脚のむくみにサヨナラ!やり方のコツ

①ソファややわらかいクッション、座布団などの上に正座をします。

②正座をした状態で姿勢を正し、そのまま3分程度リラックスしましょう。

③ゆっくりと態勢をもとに戻し、両足を真っ直ぐに伸ばして腹筋にチカラを入れます。

④そのまま脚全体と腹筋にチカラを入れて、両足を交互にブラブラと大きく揺らしましょう。

⑤脚の筋肉に疲れを感じたら、30秒程度休憩します。

⑥これまでの正座から足ブラの動きを2~3セット繰り返してみましょう。

※テレワーク中の脚のむくみは、毎日繰り返し起こることも多いので、正座からの脚ブラエクササイズは毎日忘れずに実践することがポイントです。

 

テレワーク中の脚のむくみはライフスタイルにも解決策がイッパイ!

テレワーク中に気になる脚のむくみは、何気ないライフスタイルを過ごす上でも、サクッと手軽に実践できる方法がたくさんあるんです。

ここでは、手間もコストも一切かからないのに効果的、おすすめの脚のむくみケアをまとめて参考にしてみましょう。

 

一日の塩分摂取量を見直す

脚のむくみが繰り返し起きてしまうのは、もしかすると食事からの塩分摂取が大きな原因かも?

女性は一日の塩分摂取が5gと推奨されているため、食事内容や栄養バランスを見直し、料理をする際には、

・食塩よりも塩分の少ない材料を活用してとろみをつける

・食塩よりも出汁を多く使って味付けをする

という意識を持っておくと、自然に無理なく塩分摂取量をカットでき、お腹も満足できるはずです。

食後におすすめのバナナとアボカド

脚のむくみのインナーケアに役立つバナナとアボカドは、余分な塩分を排出するカリウムが豊富に含まれています。

食後にバナナやアボカドなどのカリウムが多い食品を食べておくと、余分に塩分を吸収してしまう心配が少なくなりますよ。

 

適度に水分を摂取する

脚のむくみは余分な水分が原因だと多くの女性が認識していますが、それで水分を摂取しないのはNG!

水には体内に新鮮な酸素を送り込んで余分な水分・塩分のみを流す働きがあるため、こまめに水分を摂取して利尿をうながす意識を持ってみましょう。

 

まとめ

テレワーク中の脚のむくみが気になっても、サクッと実践できる方法は意外に多いので、むくみによるストレスや不安ともサヨナラできそうですね。

いつも軽やかでしなやかな動きの脚を取り戻して、テレワークも一層捗る、充実の毎日を過ごしてくださいね♪