足先・手先が特にカチカチに冷えてしまう、末端冷え性に悩まされてはいませんか?

本格的な寒波が到来しているこの季節、末端冷え性によるカラダのトラブルは、仕事の集中力やプライベートの楽しみ、日々の睡眠の質までもが半減してしまいますよね。

今回は、末端冷え性に悩むすべての女性に向けて、手足の外側と内側の両方からのケアができる改善策をご紹介していきます。

 

末端冷え性の改善策!食事でできるメソッドをご紹介◎

末端冷え性は、その対策を諦めたり早めのケアをしておかないと、免疫力の低下や脳疲労につながるリスクもあると言われているんです。

カチカチに冷えてしまった手先・足先をカラダの内側から温める、おすすめの食事メソッドをさっそく参考にしてみましょう。

 

根菜類をたっぷりと食べよう

土からなるカボチャやサツマイモ、ゴボウやショウガなどの根菜類は、極寒の季節に取り入れやすい、旬な食材でもあります。

根菜類は血管を拡張してめぐりを活性化し、カラダの保温につながるビタミンEやミネラル分を豊富に含んでいるため、日々の食事に積極的に取り入れてみましょう。

 

カラダを冷やす食べ物を把握しておこう

普段何気なく食べている食品が、実は末端冷え性の原因・悪化につながることもめずらしくはないんです。

特に水分を多く含むフルーツや生野菜などは、カラダが冷えやすく血液循環を低下させてしまう心配があるため、温野菜や常温での摂取を心がけてみましょう。

 

末端冷え性の改善策!手軽な運動を習慣にしてみよう

末端冷え性の改善には、医師からもカラダを適度に動かすことが推奨されているんです。

ただ、外出自粛やステイホームの意識がまだまだなくせないこの季節は、外出しての運動にハードルの高さ、負担を感じてしまいますよね。

ここでは、家にいながらでも手軽にできる、末端冷え性におすすめの「キック&パンチ運動」をご紹介していきます。

 

キック&パンチ運動のやり方

①椅子やソファに腰かけ、姿勢を正して深呼吸を繰り返します。

②足の指全部をグッと閉じてグーの状態にし、勢いを付けてキックするように足全体を動かしましょう。

③左右の足で15回程度繰り返したら、座ったまま10秒ほど休憩をします。

④次に両腕を胸のあたりまで持ち上げ、グーの状態に手を丸めます。

⑤そのまま勢いを付けて、できるだけスピーディーにパンチする動きを繰り返しましょう。

⑥パンチの動きは片腕20回程度、両腕を同時に動かす方法もおすすめです。

運動のメリット

キック&パンチの手軽なエクササイズは、血液循環を活性化する細かな血管・筋肉を刺激したり、はじめに深呼吸を繰り返すことで、末端冷え性の不安やストレス解消にも役立ちますよ。

 

末端冷え性の改善策!便利なアイテムを活用してみよう

何気ない日常生活の中でも、次のようなアイテムを活用すると、もっと手軽に快適な末端冷え性ケアが実現できるかもしれませんよ。

 

靴下に貼るカイロを使う

靴下に貼るカイロは、一般的なカイロよりも薄めで7~8時間もの保温作用が持続し、500円程度で買えるリーズナブルさもおすすめのポイントです。

また、カイロは専用のキュートなぬいぐるみなどに入れて使える商品も多数あり、睡眠時・お家時間・オフィスと、活用のシーンも幅が広く、気持ち的にも楽しい末端冷え性ができて便利ですよ。

就寝時に湯たんぽを使う

今はお湯を使わず、レンチンするだけで使える湯たんぽが豊富にラインナップされていますので、眠る前に布団の中に入れておくと、末端の冷えはもちろん、カラダ全体の保温と健やかな眠りにつなげることができます。

 

まとめ

年代や体質にかかわらず、末端冷え性は誰にでも起こりやすいやっかいなトラブル。

手先・足先までじっくり保温する意識と習慣を心がけながら、春までにはこの体質が改善されていると良いですね♪