HOGU navi.tokyo ―ほぐしについての専門サイト―

2分で読めるほぐしの処方箋

iconほぐしの専門サイト ホグnavi / icon下肢のほぐし / iconエコノミー症候群とセルフマッサージ

  • 下肢のほぐし

2016年4月21日

エコノミー症候群とセルフマッサージ

IMG_1619-(3)
IMG_1618-(3)
熊本地震の発生以来、新聞には「エコノミー症候群」の文字が多く見られるようになりました。 エコノミー(クラス)症候群は2002年サッカーの高原直泰選手が発症したことで有名になりましたが、脚の血液の流れが滞って血管内に血の塊(血栓)が出来、それが血流に乗って肺の血管を詰まらせる病気です。 飛行機に長時間座っていた人によく見られた症状であることからこの名前が付きましたが、実際はエコノミークラスが狭いからかかる、ということではありません。現に高原選手もゆとりのあるビジネスクラスで発症しています。 要は長い時間同じ姿勢で居続けるということがいけないのです。 依然続発する地震の揺れ・・。屋根の下に居たくない、またプライバシーの問題もあり、被災地では避難所よりむしろ車中泊を選ぶ人が多いのだそうです。 心身ともに疲れ切った中、体のケアまで気が回らない状況ではあると思いますが、エコノミー症候群は一度発症すると再発しやすくなる恐い病気です。 出来る限り運動し、水分補給を心がけ、セルフマッサージも入念にしていただければと思うばかりです。 狭い場所で行うふくらはぎマッサージ
ふくらはぎで足マッサージ 1.両手でシートにつかまり、 2.左足の膝に右足のふくらはぎを載せます。 3.そのまま、右の足を→方向に動かしながらふくらはぎをマッサージします。
この記事を読まれた方は、下記の記事にも興味を持っています。
  • プロフィール
  • 最新の記事

みっつ さん

この記事を書いたライター
みっつ さん

40代/大学卒業後、商社分野で営業の経験をし、その後 モノ作りの分野へ。自身でも美容・健康面に関して様々なことを勉強しているライター。行動力が自慢で好きな言葉は「感謝」。趣味はゴルフ、ドライブ、読書。