HOGU navi.tokyo ―ほぐしについての専門サイト―

2分で読めるほぐしの処方箋

iconほぐしの専門サイト ホグnavi / iconストレッチ方法 / icon不眠に悩む人におすすめ! 快眠のためのストレッチ方法

  • ストレッチ方法

2016年3月8日

不眠に悩む人におすすめ! 快眠のためのストレッチ方法

不眠に悩む人におすすめ! 快眠のためのストレッチ方法

しっかりと眠ったはずなのに目覚めてみると身体がだるかったり肩周りがひどく凝っていたりすることはありませんか?
それは睡眠中、身体がリラックスできずに緊張していることから起こっているものです。それを解消してスッキリとした眠りを確保するための方法はいくつかありますが、ここではストレッチを中心に紹介していきます。

就寝前のストレッチで快適な睡眠

眠りに入る前にストレッチを行なうことで、快適な睡眠を確保することができます。
起床したときに身体が重かったり痛みを感じたりするのは、寝ている間に何かしらの問題があるからです。
例えば「枕が合っていない」「敷布団が柔らかすぎてくの字の体勢になっている」「慢性的な肩こりで首周りの筋肉が硬くなっている」などが考えられます。
他にも睡眠障害などが原因の場合がありますが、その場合は医療機関で診察を受けた上、適切な処置を受けることが必要になります。

病気以外が原因の場合、寝具を変えることで解決することが多いのですが、それでも上手く眠れないときは就寝前にストレッチを行なってみることをおすすめします。
ストレッチを行なうと、身体の筋肉が解れる効果もありますし、血行がよくなるので非常にリラックス効果が高くなります。
入浴後に行なうと、さらに効果アップが期待できますよ。

快適睡眠のためのストレッチ方法

快適な睡眠を得るためのストレッチ方法はいくつかあります。1つは体全体を解す方法です。
どのような姿勢でも構いませんが、身体全体に7割程度の力でギュッと引き締め、その状態を5秒キープした後、できるだけ力を抜いてください。
力を抜いた状態を10秒キープ。これを2、3回繰り返すと、身体全体の筋肉が解れていきます。

次は肩甲骨を中心に筋肉を解すストレッチです。
まず、横を向いて身体を寝かせてやり、両手をまっすぐ前に伸ばします。このとき、上になっている脚を90度曲げて前に出しリラックスした体勢になります。
次に上側の手を肩から大きくゆっくりと回します。
これを片方で2回から3回繰り返します。
肩こりが酷い人向けのストレッチで、かなりリラックス効果が期待できます。

最後に紹介するのは大リーグのイチロー選手がよくやるストレッチです。
両足を肩幅より大きめに広げてそのまま膝が90度近くになるまで腰を落としていきます。
その状態で両膝に手を乗せて、片方を軽く押しながら押している側の肩を前面に出すように体を捻ります。
その状態を5秒キープしたら反対に向けて同じようにしてやります。
この方法は下半身の筋肉と肩甲骨周りの筋肉を解すのに最適なストレッチでかなり効果がありますよ。

不眠に悩む人におすすめ! 快眠のためのストレッチ方法

快適な睡眠を確保するには、どれだけ体の筋肉を解してリラックスできるかがカギになります。慢性的な肩こりに悩んでいる場合、しっかりと首、肩周りの筋肉を中心に解してやると、次の日はすっきりと目覚めることができるでしょう。
また、寝具を見直すことも重要です。身体が変な体勢になってしまうような布団や枕では、どこかに負担がかかってしまい疲れを残す原因となります。
ストレッチを行なうことで改善がかなり期待できますが、寝具なども合わせて見直すと、より快適な睡眠を確保することができますよ。

この記事を読まれた方は、下記の記事にも興味を持っています。
  • プロフィール
  • 最新の記事

もえたん さん

この記事を書いたライター
もえたん さん

ライター/音楽の専門学校に通い、在学中にライティングの仕事を経験し、その後Webライターとして活躍。20代女性。都内在住。好きな食べ物はお肉、レタス、チーズケーキ。趣味は音楽鑑賞、ネットサーフィン、短編小説を書くこと。