HOGU navi.tokyo ―ほぐしについての専門サイト―

2分で読めるほぐしの処方箋

iconほぐしの専門サイト ホグnavi / iconよく読まれている記事 / iconブーツの季節を楽しめなくなる…意外な原因?!

  • よく読まれている記事

2015年11月25日

ブーツの季節を楽しめなくなる…意外な原因?!

ブーツ22

ブーツのおしゃれを楽しむ季節。仕事が終わって職場でブーツに履き替えて帰宅しようとしたら、ブーツが入らない! 家に着いてブーツを脱ごうとしたら脱げない・・!

ブーツが脱げない!

なんてご経験、お有りだと思います。 夕方になると足が太くなる、重くなる。 これらは「ふくらはぎのコリ」に原因があります。「コリ」の語源は血液の流れの「とどこおり」から来ているのだとか。心臓から動脈を通って全身に巡った血液は、二酸化炭素や老廃物を回収しながら今度は静脈を通じて心臓へと戻ります。心臓から最も遠い足の先まで旅した血液は「ふくらはぎ」という大きな筋肉をポンプ代わりにして重力に逆らいながら心臓まで戻ってくるのです。しかしながらこのふくらはぎ、「歩く」など脚を動かすことで筋肉が伸縮し、ポンプの役目を果たしていますので、 立ち仕事で長時間立ちっぱなし、デスクワークで長時間座りっぱなしで筋肉を固めてしまっていては、この大切な「第二の心臓」の機能が充分発揮できません。

結果、血の流れが「とどこおり」むくみや「冷え」などにつながっていくのです。 ふくらはぎのコリの解消方法も「ストレッチ&マサージ」 帰宅したら翌日にむくみを残さないようにしましょう。

改善策は大きく3つあります。それは

① あたためる

一日が終わったら、ゆっくり半身浴。脚を温めることでハリとむくみで滞っていた血流が改善されます。

② ほぐす

コリ固まった筋肉は入念にほぐしましょう。 半身浴しながらでも、ベッドの上でも。 リンパの流れも促され、快眠を誘いますよ。

ふくらはぎ手もみ

③ ストレッチする。

筋肉は、「縮める」「伸ばす」「緩める」のサイクルで弾力性を取り戻して行きます。 「第二の心臓」ふくらはぎの機能をよみがえらせましょう。 脚の甲を伸ばしたり、立てたり、の交互運動が効果的です。

ふくらはぎストレッチ300

この記事を読まれた方は、下記の記事にも興味を持っています。
  • プロフィール
  • 最新の記事

みっつ さん

この記事を書いたライター
みっつ さん

40代/大学卒業後、商社分野で営業の経験をし、その後 モノ作りの分野へ。自身でも美容・健康面に関して様々なことを勉強しているライター。行動力が自慢で好きな言葉は「感謝」。趣味はゴルフ、ドライブ、読書。