HOGU navi.tokyo ―ほぐしについての専門サイト―

2分で読めるほぐしの処方箋

iconほぐしの専門サイト ホグnavi / iconコリの原因 / icon毎日の洗顔…ただし○○過ぎないで

  • コリの原因

2015年11月16日

毎日の洗顔…ただし○○過ぎないで

151116003

洗顔で大事なことは「肌に過度の刺激を与えない」ことです。〇〇し過ぎないよう、以下の5つにご注意ください。

① 水が冷た過ぎない

冷水で洗うと肌が引き締まった感じがするかもしれません。しかし肌は急激に冷やすと毛穴が縮み、かえって赤ら顔や乾燥肌の原因を作ってしまいます。

② 水が熱過ぎない

熱いお湯も肌には大敵です。肌を守る皮脂を必要以上に落とし過ぎ、 これも乾燥肌を招く元に。 肌を洗う適温は32℃くらい。ぬるま湯で洗いましょう。

③ ゴシゴシこすり過ぎない

洗顔でのゴシゴシ洗いは角質に傷をつけ肌トラブルの元を作るようなもの。 モコモコ肌で顔と手のひらにクッションを作り、優しくなで洗いしてください。

④ 洗顔後、タオルでゴシゴシ拭き過ぎない

いくら洗顔を優しくしても水気を取るとき、ゴシゴシ拭いたんではなんにも なりません。 タオルは押さえるように使いましょう。

⑤ とにかく、洗い過ぎない

顔の脂が気になるからと、一日に何回も洗顔するのも考えものです。 肌にはある程度の脂分が必要、ましてご自身の体内から出てくる 皮脂はその人にピッタリの最上のクリームなのです。 また脂分を完璧に取り去ろうとして2分以上ムキになって洗顔してる方、 肌は脂分を失うとバリア機能を高めようと必死に分泌を開始します。 逆に手強いオイリー肌を助長してしまいますから、 とにかく、

「洗顔も過ぎたるは及ばざるごとし」を心がけてください。

し過ぎ300

   し過ぎ?

この記事を読まれた方は、下記の記事にも興味を持っています。
  • プロフィール
  • 最新の記事

みっつ さん

この記事を書いたライター
みっつ さん

40代/大学卒業後、商社分野で営業の経験をし、その後 モノ作りの分野へ。自身でも美容・健康面に関して様々なことを勉強しているライター。行動力が自慢で好きな言葉は「感謝」。趣味はゴルフ、ドライブ、読書。