HOGU navi.tokyo ―ほぐしについての専門サイト―

2分で読めるほぐしの処方箋

iconほぐしの専門サイト ホグnavi / iconコリで起こる症状 / iconデスクワーカーさんは必読!放っておくと危険な「腰のコリ」をほぐす方法

  • コリで起こる症状

2017年2月17日

デスクワーカーさんは必読!放っておくと危険な「腰のコリ」をほぐす方法

デスクワーカーさんは必読!放っておくと危険な「腰のコリ」をほぐす方法

自分の頭の重さを知っていますか?
成人の体重比で約10%と言われていますから、例えば体重50キロの成人の頭部はなんと5キロにもなります。

こんなにも重たい頭部や上半身の重さを支える要となっているのが、“腰”なのです。
自分では気付きにくいですが、頭部の重さ+上半身の重さやバランスを“腰”が担っていると考えれば、無理な姿勢で酷い腰痛を起こしたりギックリ腰になったりするのも頷けますよね。 また、傾いた姿勢を続けたり、同じ姿勢でいたりすることで、“腰”の筋肉がコリ固まってしまい、酷いときには歩くのも困難な慢性的な腰痛を引き起こしてしまいます。

■“腰のコリ”……その原因は?

人口の10%以上が症状を抱えていると言われるほど、誰もが発症の危険性を持っている腰痛。その原因の一つとして挙げられるのが、“腰のコリ”です。

・デスクワーク
・長時間の運転
・悪い姿勢を続ける


これらがとくに“腰のコリ”を引き起こしやすい生活習慣となっています。

また、“腰のコリ”が溜まってしまうことにより、肩コリや首コリにも繋がってしまうため、腰痛だけでなく肩の痛みや頭痛まで発生してしまう危険性があるんです。
しかも“腰のコリ”が起こると腰痛や肩・首コリが始まり、その痛みから姿勢が悪くなり、さらに“腰のコリ”が溜まり……という酷い悪循環が始まってしまいます。
なので“腰のコリ”をけっして甘く見ず、早い内に解消するように心がけましょう!

デスクワーカーさんは必読!放っておくと危険な「腰のコリ」をほぐす方法

■“腰のコリ”をスッキリ解消する方法

まず“腰のコリ”を解消するための基本として、以下の“腰のコリ”の原因と解決方法を意識してください。

(1)運動不足に気をつける……やはりある程度は腰を鍛えておかなければ、すぐに腰痛を引き起こしてしまいます。それに腰の筋肉を使うこと=“腰のコリ”をほぐすことにも繋がるわけです。車や電車を使わず歩いたり、エレベーターやエスカレーターをやめて階段をのぼったりするだけでも大きく違いますよ。

(2)悪い姿勢をやめる……前述した通り、私たちの頭や上半身はとても重いものです。それを曲がった姿勢で支えるということは、それだけ腰にどんどん負担が加わるということ。さらに良い姿勢というのは意識していないとなかなか難しいもので、ふと気付くと体が曲がっていたり酷い座り方をしていたりするものです。歩いている時や座っている時に、自分は今良い姿勢をしているか意識するようにしましょう。

これらのことは“腰のコリ”を解消するために大切な基本なので、ぜひ普段から心がけるようにしてください。そして“腰のコリ”を解消するために、とっても気持ちいいストレッチもご紹介しますね。

1.筒状のストレッチボール、無ければ毛布などを筒状に丸めたものを用意します
2.その筒状のものを腰にあて、仰向けに寝っ転がります(少し体がそるぐらいがベスト)
3.そのまま気持ちいいと感じるぐらい腰を伸ばします(2~3分が適当)

これだけで、溜まった“腰のコリ”がほぐれてくれます。しかもこれならとても簡単にできるので、寝る前に軽~くできますよね。
腰痛は一度発症してしまうとなかなか治りにくいと言われているため、できるだけこまめに“腰のコリ”をほぐしてあげてください。
また、デスクワークの人は仕事の合間に伸びをしたり、同じ姿勢でいないよう気を付けたりしましょうね。

この記事を読まれた方は、下記の記事にも興味を持っています。
  • プロフィール
  • 最新の記事

かっきー先生 さん

この記事を書いたライター
かっきー先生 さん

40代/大学を卒業後、マッサージ・カイロプラクティック・整体といった知識・資格を習得。コリを放置している現代人が多いことに気付き、一人でも多くコリを解消したい・コリ固まった筋肉に気付いてほしいと思い美容ライターに。趣味は散歩・ハイキング。最近はより健康的な体を作るため料理教室にも通い始めた。