HOGU navi.tokyo ―ほぐしについての専門サイト―

2分で読めるほぐしの処方箋

iconほぐしの専門サイト ホグnavi / icon上肢のほぐし / icon楽しく健康に痩せられる?! スキーの持つダイエット効果とは

  • 上肢のほぐし

2016年10月1日

楽しく健康に痩せられる?! スキーの持つダイエット効果とは

楽しく健康に痩せられる?! スキーの持つダイエット効果とは

冬は運動不足になりがちですが、最低でも週に一度はしっかり運動して汗をかきたいものですよね。冬太り予防やダイエットに、スキーを楽しんでみてはいかがでしょうか。
スキーのもつダイエット効果と、効果を最大限に引き出すためのポイントをご紹介いたします。

スキーのもつダイエット効果って? 実はスキーは、見かけ以上に運動量があるスポーツです。
スキーを1時間滑った際の消費エネルギーは、なんと8㎞ランニングしたのとほぼ同じ量。ランニングを8㎞するのは大変ですが、レジャー要素の強いスキーなら、楽しんでいる間に1時間なんてすぐ過ぎてしまいますよね。
また、体全体でバランスを取りながら滑るスキーなら、全身の筋肉をまんべんなく使うことができます。代謝アップにも効果的なため、体を引き締めるダイエットには最適です。
筋力が必要なランニングや球技などのスポーツは運動をしていない人には負担が大きいのですが、スキーならその心配もありません。 重力の力で滑るので、正しい姿勢と体重移動のコツさえマスターすれば、運動が苦手な方や筋肉の少ない女性でも十分に楽しむことができるのです。

スキーのダイエット効果を生かすポイント

1. 事前準備はしっかりと! いくら冬とはいえ、運動をすれば汗をかいてしまいます。スキーウェアの下には、汗をしっかり吸収するアンダーウェアを着ておきましょう。
また、雪山では雪焼け対策が必須です。日焼け止めクリームと目を保護するためのゴーグルは必ず準備しておいてください。
ゲレンデの気温はかなり低いので、低温対策の帽子や耳あて、グローブも忘れないようにしましょう。

2. 正しい滑り方をマスターして
スキー板の上では足を自由に動かせないため、普段はあまり使わない筋肉を使って体のバランスを取ります。スキーをやると全身が筋肉痛になるのは、それだけ普段は使っていない筋肉を動かしたということです。
正しい滑り方をマスターすることは、ダイエット効果を上げるだけではなく、ケガの予防にも繋がります。初心者の方は、スキー場で行われているスクールに参加するなどして、正しい滑り方をマスターするのがオススメです。

3. 筋肉に十分な休息を
スキーを一日中楽しんだ後の筋肉には、相当な疲労が溜まっています。
タンパク質をしっかりとり、湯船にゆっくりと浸かって緊張した筋肉を十分にほぐしてあげましょう。

スキー場のルールを学ぶのも忘れずに!

ゲレンデでルールやマナーを守らずに行動すると、事故やケガを招いてしまいます。
始めてスキーに行く方は、不慣れさからついルールを破ってしまいがちです。
大人数で立ち止まってコースを塞がない、無茶なスピードを出さないなどの基本的なルールは、あらかじめしっかりと覚えておきましょう。 他のスキーヤーとの接触事故を防ぐためにも、マナーを守って楽しむようにしてくださいね。

楽しく健康に痩せられる?! スキーの持つダイエット効果とは

レジャー感覚で楽しみながら冬太りを予防し、身体をシェイプアップすることのできるスキー。今回ご紹介したポイントを押さえてシェイプアップ効果を最大限に引き出し、春に向けて理想のボディを手に入れてみてくださいね。

この記事を読まれた方は、下記の記事にも興味を持っています。
  • プロフィール
  • 最新の記事

もえたん さん

この記事を書いたライター
もえたん さん

ライター/音楽の専門学校に通い、在学中にライティングの仕事を経験し、その後Webライターとして活躍。20代女性。都内在住。好きな食べ物はお肉、レタス、チーズケーキ。趣味は音楽鑑賞、ネットサーフィン、短編小説を書くこと。